サービス

サービス概要

障がい者の雇用でこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • (障がい者の方が)働きたいが職場がない
  • 障がい者を雇用したいが、やり方がわからない
  • 障がい者を雇用しているが、効率的に仕事がお願いできていない
  • メンタルヘルス対策に産業医、精神科医、カウンセラーを雇用したい
  • 障がい者雇用に関わる補助金などが知りたい …など

障がい者雇用促進総合研究所は、
これらの悩みに対して最適な障がい者雇用のスタイルをコンサルティング。
さらに実際の雇用・定着などを長期的にお手伝いをします。

障がい者雇用制度の順次改正に合わせた、企業の障害者雇用をトータルでサポート

2013年4月の改正障害者雇用促進法により民間企業における障害者の法定雇用率は2.0%(50人に1人)。2016年4月から障害者に対する差別の禁止や合理的配慮の義務化、さらに2018年4月より精神障害者の雇用が義務化。企業は障害者雇用とどう向き合うべきか?共存化社会は目前となりつつあります。

障がい者雇用制度の改正についてはこちら

障がい者雇用促進総合研究所では、2014年4月より障がい者をサポートするためにいろいろな専門家が集まり、ノウハウを集約。企業の障害者雇用の推進・運営をトータルにサポートします。

就労移行支援事業+就労継続支援B型『あるく』との連携

行政・官公庁・企業などと連携する図

就労移行支援事業+就労継続支援B型『あるく』と『障がい者雇用促進総合研究所』の事業が連携し、行政機関と民間企業の障がい者に関する様々な問題解決を提供します。

『あるく』と『障がい者雇用促進総合研究所』 の共通事業

障がい者就労支援あるく

『あるく』と『障がい者雇用促進総合研究所』 ではさまざまな共通事業を行っています。各事業の運営方法や流れに関しては『あるく』のWebサイトまたは、実績のページご参照ください。

社員のメンタルヘルス対策

ASPサービスの提供

さまざまな中小企業・小規模事業者様へ従業員のメンタルチェックができるASPサービスを提供。大勢の従業員のメンタル環境を、効率的に管理するお手伝いをします。

産業医の派遣

提携病院や関連企業より産業医、精神科医、カウンセラーを派遣。障害のあるなしに関わらず、社員全員の精神面の健康管理を行います。

具体的なサービス内容

障がい者の雇用に関わる労働環境整備

障がい者の雇用に関わる労働環境整備

採用方法から労務関連規則の整備など、障がい者雇用に関わる様々なサポートから、今の御社の業務に合わせた労働環境の最適化まで、さまざまな悩みを幅広く解決します。

福祉サービス事業設立のお手伝い

福祉サービス事業設立のお手伝い

新たに福祉サービス事業を立ち上げる事業者様へ、事業所設立のスケジューリングや、予算プランニングをお手伝い。役場での効率的な資格取得のサポートなど、専門的で分かりにくい箇所もトータルでサポートします。

産業医、精神科医、カウンセラーの紹介やセカンドオピニオンサービス

産業医、精神科医、カウンセラーの紹介やセカンドオピニオンサービス

採用方法から労務関連規則の整備など、障がい者雇用に関わる様々なサポートから、今の御社の業務に合わせた労働環境の最適化まで、さまざまな悩みを幅広く解決します。

サービスイメージ

  1. 労務関連規則作成など御社内での、障がい者向けの労働環境整備
  2. 御社外での障がい者の職場確保・障がい者の就労支援
  3. 行政・官公庁からの、障がい者向けのお仕事の優先発注の受注をサポート
  4. 障がい者や社内で対応できない業務の協力会社手配、アプローチツールの提供

これらのサービスを総合的・部分的どのような形でも、障がい者雇用促進研究所がお手伝いいたします。

ページの先頭へ戻る